性別・年齢別の年収情報

30歳で年収600万円欲しい!稼げる職種・企業・方法を解説

30歳は年齢やキャリアの節目です。30歳までに達成したい目標を設定している人も多いのではないでしょうか。

中には、「30歳までに年収600万円に到達する」という目標を掲げている人も多いでしょう。

今回は、30歳で年収600万円を稼ぐ方法を解説します。

  • 30代で年収600万円が得られる職種、企業
  • 30代で年収600万円を稼ぐために必要なこと

これらについて解説しているので、ぜひ最後までお読みください。

    30歳で年収600万円もらっている人の割合は?

    実際に30歳で年収が600万円の人は、どれくらいの割合でいるのでしょうか。

    厚生労働省の調査をベースに、30代で年収600万円台の人の割合を一覧表にしました。

    性別 30〜34歳 35〜39歳
    男性 0.7% 1.3%
    女性 0.3% 0.3%

    (参照:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査

    上記のように、男性は1%前後、女性は0.3%と、30代で年収600万円を得ている人の割合は非常に少ないことがわかります。

    年収600万円の生活レベルは?

    「年収が600万円あったら、どんな生活ができるだろう……。」と想像してしまいますよね。

    一人暮らしの場合、年収600万円だと生活レベルがどのようなものになるかシミュレーションして解説します。

    家賃・光熱費

    手取りは年収の8割程度です。年収600万円の場合、手取りは480万円前後になります。

    手取り480万円を月収に換算すると、月の手取りは40万円程度です。

    家賃は月収の3分の1までが相場と言われています。月収40万円の場合は、13万円まで家賃にあてられます。

    13万円でどのレベルの部屋に住めるかは、居住地域にもよります。東京23区内だと、家賃13万円だと1DKや1LDKも選択肢に含めることができ、部屋を広々と使えるでしょう。

    光熱費は、一人暮らしの場合は月1万円前後が相場です。

    <月収40万円の家賃・光熱費の目安>

    家賃:13万円まで

    光熱費:1万円前後

    残り:26万円

    食費

    食費は、個人の生活スタイルによってかなり変動します。自炊をこまめにする人は食費を月3万円弱におさえられますし、外食が多い人は5万〜10万円になる場合もあります。

    <自炊の場合の食費>

    一食300円程度×1日3食×30日=27,000円/月

    <外食の場合の食費>

    一食1,000円程度×1日3食×30日=90,000円/月

    月の手取りが40万円の場合、家賃と光熱費を引いた額が26万円ほどです。

    1日3食、毎日外食をすると月の食費が9万円ほどになります。

    26万円−9万円=15万円

    毎食外食だとかなり贅沢をしているというイメージですが、その場合でも15万円手元に残る計算になります。

    娯楽・貯金・その他

    月収40万円から家賃と光熱費、食費を引いた額は15万円程度です。残ったお金を趣味や自己投資にあてたり、貯金に回したりすることができます。

    15万円あれば、貯金額を引いたとしても自由に使えるお金が多いです。

    • 貯金額:5万円
    • 娯楽・交遊費:7万円
      飲み会/旅行/ショッピング
    • 自己投資:3万円
      ジム/英会話/習い事/書籍購入

    このように、貯金をしつつも趣味や自己投資にお金をかけることができ、充実した生活が遅れるでしょう。

    30歳で年収600万円稼げる職種は?

    30歳は年齢の節目であり、社会人としての経験もある程度積んでいるので、新たなステップに挑戦したいと考えている人もいるでしょう。

    この章では、30歳で年収600万円以上稼げる職種を紹介します。

     

    職種(コンサルティング) 30代の平均年収
    会計コンサルタント/財務アドバイザリー 623万円
    職種(IT/通信) 30代の平均年収
    プロジェクトマネジャー (IT/通信) 685万円
    ITコンサルタント 660万円
    プリセールス 619万円
    研究開発 605万円
    職種(企画/管理系) 30代の平均年収
    知的財産/特許 628万円
    経営企画/事業企画 620万円
    職種(営業) 30代の平均年収
    投信/投資顧問 676万円
    リース(金融) 622万円
    銀行 619万円
    不動産金融 619万円

    (出典:doda 平均年収ランキング

    金融やIT、コンサルティングといった専門的な知識やスキルが必要とされる職種は、年収が高くなる傾向にあります。

    経営企画・事業企画など、経営方針や事業戦略に関わる職種でも平均年収が高く、30代で6年収600万円台を目指せます。

    30歳で年収600万稼げる企業は?

    転職して年収600万円を目指す場合は、平均年収が高めの企業の求人を探すのが効率的です。

    この章では、年収図鑑のデータをもとに、30代の平均年収が600万円台の企業をピックアップしました。

    企業名 30代の平均年収
    東芝テック株式会社 699万円
    東芝インフラシステム株式会社 699万円
    大林道路株式会社 699万円
    マニュライフ生命保険株式会社 698万円
    株式会社ケーユーホールディングス 698万円
    キヤノンマーケティングジャパン株式会社 698万円
    富士通株式会社 698万円
    サントリースピリッツ株式会社 698万円
    ワーナーブラザーズジャパン合同会社 697万円
    日立建機株式会社 697万円

    (参照:年収図鑑 2022年8月時点の情報

    IT・システム関連企業や、建設・食品メーカーなどがランクインしています。

    年収図鑑では、年代、職種、業種ごとに各企業の平均年収を計算できます。

    転職活動を始める前に、年収図鑑で平均年収ランキングをチェックしてみてください。

    年収図鑑で30代の平均年収ランキングをチェックする

    30歳で年収600万円稼ぐには何が必要?

    この章では、30歳で年収600万円稼ぐために必要なことを解説します。

    • スキルを磨いて昇進する
    • 営業成績を上げる
    • キャリアチェンジする
    • 転職する

    これらの項目について1つずつ解説しているので、今後のキャリアの参考にしてみてください。

    スキルを磨いて昇進する

    1つ目が、「スキルを磨いて昇進する」です。

    リーダー職やマネージャー職に昇進すれば給与が増え、年収600万円を目指すことも可能です。

    一般的に、昇進するためには以下のようなスキルが必要になります。

    • チームリーダーなどのマネジメント経験
    • 仕事に関連する専門知識、資格
    • 上流工程の経験

    このような経験を積んでいけば、昇進できる可能性が高まります。

    昇進したとしても、年功序列の会社であれば給与アップには限界があります。能力によって昇給が決まる会社であれば、年収が大幅にアップする可能性があります。

    現職の給与制度や評価制度をいまいちど確認して、30歳までに自分の頑張り次第で年収600万円に到達するのかどうか、チェックしておきましょう。

    営業成績を上げる

    営業職の場合は、営業成績を上げることで年収600万円を目指すことが可能です。

    インセンティブや昇給によって収入が増える場合もありますし、マネジメント能力を認められてリーダー職に昇進し、年収が上がる可能性もあります。

    この場合も、年功序列よりも能力によって昇給や昇進が決まる評価制度のほうが、年収が大きくアップする可能性が高くなります。

    また、取り組んでいる事業や取扱商品の市場動向もチェックしておきましょう。これから伸びる成長市場であれば、頑張り次第で営業成績が大幅に伸び、給与が上がる可能性があります。

    市場が縮小しているのであれば、頑張ってもなかなか成績が伸びないということも考えられます。その場合は別の市場での営業に挑戦するという選択肢もあります。

    キャリアチェンジする

    現在の職種とは異なる職種にチャレンジしたい、もっと稼げる職種に挑戦したいという場合は、キャリアチェンジするというのも1つの方法です。

    30歳過ぎてのキャリアチェンジは色々とリスクや制約が伴うこともありますが、20代のうちであれば比較的容易です。

    キャリアチェンジを検討する際に、以下のポイントで情報収集を行い、じっくりと吟味しましょう。

    • 希望する職種に必要なスキルや知識
    • 希望する職種の平均年収や評価制度
    • 自分が本当に就けるのかどうか

    挑戦したい職種がある場合、どのようなスキルや知識が必要なのか調べましょう。資格が必要であれば取得を視野に入れてみましょう。

    ただ、希望する職種に就けたとしても、すぐに年収600万円稼げるとは限りません。その職種が一般的にどのような評価制度で昇進・昇給するのか、平均年収はどれくらいなのか調べておきましょう。

    この2つの項目について下調べをしたうえで、自分がその職種に本当に就けるのかどうか、冷静に考えてみましょう。憧れだけで闇雲に動いてしまうと、失敗に終わるリスクも高まります。自分一人で答えが出ない時は、周囲の人に相談するなどして、客観的な意見をもらうようにしましょう。

    転職する

    現職のままで30歳までに年収600万円に到達できなさそうであれば、転職するという方法があります。

    より高い年収の企業に転職するために、転職活動の事前準備として以下のことを行いましょう。

    • スキルや経験、アピールできる実績の棚卸し
    • 市場価値を高めるための勉強、資格取得
    • 今後やりたいことやキャリアプランを明確にする
    • 年収が高い地域への移住も検討する(地域の平均年収TOP3は東京・神奈川・大阪

    20代〜30代はキャリア形成のための重要な時期です。転職で失敗してしまうと、計画が崩れたり、今後のキャリア形成に不利になったりすることもあります。年収だけを目的に安易に転職せず、自分のキャリアプランや仕事のやりがい、事業の将来性などさまざまな観点から慎重に検討しましょう。

    転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。最新の市場動向をふまえながら、個人のキャリアプランや希望に合う求人を紹介してくれます。

    年収交渉もしてもらえるので、より高い年収で転職できる可能性も高くなります。

    条件の良い企業に採用されるためにも、エージェントの支援を受けながら選考対策をしっかりと行いましょう。

    <おすすめの転職エージェント>

    リクルートエージェント:大手の総合型転職エージェント。取扱求人数が多く、さまざまな業種や職種から検討できる。

    ビズリーチ:ハイクラス求人に特化した転職エージェント。高年収の求人を探している人におすすめ

    まとめ

    30歳で年収600万円を稼ぐ方法について解説しました。

    現在20代であれば、年収600万円を目指すためにできることはいろいろあります。現職でスキルや成績をアップさせて年収を上げる、年収の高い企業や職種に転職するといった方法があります。

    どちらの方法を取るにせよ、自分のキャリアプランをしっかりと作成しておくことが重要です。自分のやりたいことや将来のビジョンを目標にするとともに、現在の自分のスキルや経験レベルを客観的に評価して、今後の計画を立てましょう。

    転職するのであれば、専門家のサポートを受けながら効率よく転職活動ができる、転職エージェントの利用がおすすめです。

    <おすすめの転職エージェント>

    リクルートエージェント

    ビズリーチ

    この記事を参考に、30歳までに年収600万円を得るために何ができるか、今後のキャリアをどう築いていきたいか、いちどじっくり考えてみてください。

    Aki

    IT業界を渡り歩き、SaaS製品の営業とカスタマーサクセスを担当。現在ではライターとして、ビジネス・キャリア系を中心に記事を執筆しています。

    ツイートする LINEに送る

    関連する記事

    20代の平均年収は?年収アップの方法も解説

    20代の平均年収は?年収アップの方法も解説

    年齢別の年収の目安は?平均年収を知ってキャリア形成に役立てよう

    年齢別の年収の目安は?平均年収を知ってキャリア形成に役立てよう

    20代でも年収1000万は可能!? 平均年収の高い業界・職種・企業を紹介

    20代でも年収1000万は可能!? 平均年収の高い業界・職種・企業を紹介

    30代の年収は平均で何円?いくら貰えば十分な年収なのか解説

    30代の年収は平均で何円?いくら貰えば十分な年収なのか解説

    【年収アップしたい男性必見】平均年収が高い職種・業界・企業を大公開!

    【年収アップしたい男性必見】平均年収が高い職種・業界・企業を大公開!